2017年04月05日

もう桜の頃か

やっと冬眠から目覚めた気分です。

本当に冬はあきません。苦手でやんす。がく〜(落胆した顔)

桜が綺麗に咲き誇る季節となりました。
これを機に活動を活発させてゆきます!ぴかぴか(新しい)


遅くなりましたが、「オイラの勝手に2016年日本映画ベスト10」発表!
次回は洋画です。

邦画 2016年ベスト10 

1この世界の片隅に(アニメ)

2永い言い訳

3ちはやふる前・後編

4怒り

5海よりもまだ深く

6何者

7聖の青春

8湯を沸かすほどの熱い愛

9葛城事件

10アイアムアヒーロー


11 僕だけがいない街 君の名は。(アニメ) SCOOP! 
   64ロクヨン前・後編
12 シン・ゴジラ リップヴァンウィンクルの花嫁 聲の形(アニメ)
13 ディストラクションベイビーズ クリ―ピー偽りの隣人 セトウツミ 
14 少女 TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ  海賊と呼ばれた男 
15 秘密THE TOP SECRET あやしい彼女 ミュージアム 
16 淵に立つ ふきげんな過去 ピンクとグレー
19 太陽 ヒメアノ〜ル デスノートLight up the NEW world

色々な媒体の2016年 日本映画ベスト10と比べましょう。

他のベスト10では評価の高い「君の名は。」「シンゴジラ」
「淵に立つ」「ディストラクションベイビーズ」が私のベスト
10に入らなかった訳を書きましょう。


この中の3つは、過去の作品の再構成度(ヒットまたは高評価
を得られることを知っていて企画製作した)が高すぎると感じた
モノでした。そうゆう要素を悟られないぐらいの工夫が欲しかった。
海外で評価されようが、そうゆう所または自己模倣を「野暮」と
感じてしまうのは、同じようなことを私自身もやってしまったこ
とがあるからなんですね。


物心ついたころ第1作「ゴジラ」は見たことがなく敵怪獣と戦う
のが「ゴジラ」であって、暴れないゴジラでは満足できない。
前作ハリウッド版「ゴジラ」のほうが私には、お好みなんです。
第1作の現代に警鐘を鳴らすゴジラは素晴らしいと思いましたが
「ゴジラ」を社会派映画にしてしまったのは残念。


「デストラクションベイビーズ」は、いくら殴られても青たん
ひとつできない、主人公の顔にドン引き。何というか演出部出身
の私は、俳優に間違った衣装を着せてしまったような思いが、
ズーとあって、心配しながら見るはめになってしまった。
ポスターやパッケージはボクサーのように片目がふさがった
傷だらけになっているが、本編では、つるつるの顔。
「そんな所で評価するな」の声はあるだろう「見逃してやれ」と。
しかし、私はダメだった。シーンが積み重なれば暴力が盛り上が
るのだろうがやはり「作り物」の感覚が最後までつきまとった。
現場で重々話し合った選択だと思う。良い評価だったから結果は
いいのだろうが、私にはサイボーグだったという、SF落ちが来
るのかと一瞬本気に思ってしまった。ふらふら

あと、評価の高い「オーバーフェンス」「団地」「俳優 亀岡拓次」
「だれかの木琴」「溺れるナイフ」を見逃してしまった。
なるべく大スクリーンで見ることを心がけているので、機会をの
がしてしまった。申し訳ありません。DVDで見てみます。

ただの映画ファンよりのベスト10だと思います。
皆さんはどうですか?次回は洋画。







posted by 初級教室 at 02:42| Comment(0) | 映画

2016年11月27日

中央線あたりの刺激を受けて


まあ、結果的に刺激という強烈なものになってしまったんだけどね。

たまに、場所からの影響・刺激から自分のハートが反応して
あるものが、ひょっこり頭の中に顔を出す。わーい(嬉しい顔)


わざとそれを狙って、その場所に行くことも時々あるんです。
昨日はそれが、結構大きく連なって現れたので、書いておくこと
にしました。


まだまだ今年中に片づけるものが残っているわりには、リラックスしてたんで
しょうね。
演技クラスでも言ってるんですが、緊張していては、こうゆうものはハートに
現れない。その日は「もう休もう!」と自分に言い聞かせていたのです。


中央線のいくつかの駅に降り立って、目的のものを鑑賞したら、出てき
ました。フワ〜と複数湧いて出てきたのですよ。
その一つは今では懐かしい歌です。この最後にYouTuberの映像と共に見て
聴いていただきます。


中央線の高円寺から三鷹の間は、私が二十代青春の日々(小っ恥ずかしい〜)
を過ごしていた地域。23区から23区外になるのですが、映画の仕事での
師匠たちが住み、先輩や仲間、オーディションでお世話になった愛すべき
児童劇団や劇場、カフェがありました。
もちろん、まだ私の修行時代でアシスタントとして汗かきベソかきの
助監督・AD時代です。ふらふら


そんな記憶がゴロゴロと落ちている場所だからでしょうか?
身体というか脳が過剰に反応してしまったんですね。
しかし場所の記憶だけでは鈍感な私には、そんなに出てこないのですよ。
では、なんだったのか? それは、鑑賞した独り芝居でした。
これが最高の刺激になっちゃったのです。


荻窪、三鷹あたりは、昭和の初め文豪が住んでおりました。
独り芝居は、三鷹に住んでいらした太宰治先生の一人称小説を丸ごと。
普通の劇場ではなく、荻窪にある昭和に作られたであろう古民家
(戦後だと思う)今も人が住んでいて、庭もある。


演じた女性は私のクラスに少しの間いた人で、自分の勉強のためにと
この会をたった二人で始めたのです。いや〜素晴らしかった。ぴかぴか(新しい)
私は見ていて感情が溢れてきちゃったんですね。
ここで私のハートは完全に開いて、リラクゼーションと同等の
状態になったと。


だからこの後なんですよ、小さな刺激にも反応する、反応する。揺れるハート
帰り、商店街を歩いて見て、聞くものが、誘発して冒頭の音楽(歌)が
頭の中を駆け巡り湧いて出る。


この地域で出口の見えない修行時代、がむしゃらに頑張っていた自分と
今の時代に小さくも自分で企画して発表する彼女たちが重なってしまったのか、
今はもう会えない自分の修行時代の友人や先輩、後輩、仲間の顔が浮かんできて、
商店街を泣きながら歩いてゆく「ヘンなおじさん」になってしまっていた
のです。


なぜこの歌が出て来たのか?分析は大体できましたが、本当に驚きました。
何日か前に居酒屋の有線で遠くで聞こえてきたのが、助走となったのは
間違いないのです。(これが準備ということか?)
無作為な連鎖というものか。外からの刺激でひょいと現れる感覚と感情。


今の若者を考える時、彼らは私たちが二十代を過ごした時代より相当な不平等と
格差の時代を生きている。大変だと思う。
彼らにエールを送るためにもこの歌・曲を贈りたいです。





『♪ 灰色に日に、ゆきずまっても、あきらめはできないの〜。
MAYBE TOMORROW!だけど明日は、きっといい事、あると信じて
いたいの〜MAYBE TOMORROW! ♪』





80年代後半に一世を風靡した伝説のバンド、レベッカ
の「メイビーツモロー」♪です。
その当時、凹んだ時、私は何度この曲を聴いていたのか。
暗中模索の二十代の日々を生きていたのです。
若者たち頑張ってくれ!



いいでしょう?最後に何気にブライアンイーノが聞こえてくるのが80年代でしょ。わーい(嬉しい顔)


posted by 初級教室 at 22:07| Comment(0) | 日記

2016年10月16日

もう10月ご無沙汰です


いやいや、公演初日から更新を怠りすみませんです。ふらふら

公演「アンソロギア」にお越しいただいた皆様、ありがとうございました。
皆様のおかげで公演は盛況のうちに終了できました。
次回公演は2017年秋に同じ下北沢でお目にかかります。



更新は気になっていたのですが、写真を貯めているデバイスの接続が突然
うまくゆかなくなり、どうしたものかとボヤボヤしているうち改善修理が遅くなりました。


7月は公演疲れで正直、体調があまり良くなくゴロゴロとしてました。
公演あたりはストレスで体重が増えに増えて、よくないなあ〜と思っていた
ところ、楽日を終わった一週間後、突然きました。ガクバッド(下向き矢印)

8月は気になっていた歯の治療に入り、昔抜いた歯の神経と奥歯を抜きました。
歯科医院は久しぶりで、機材の新しさとあまり痛みのない治療に驚きです。


夏の終わりには、海老名・厚木で開催された「超いきものまつり2016 地元でSHOW!」
で、いきものがかり の野外ライブで楽しみました。これ楽しみにしてたんですよ。

1472363152837.jpg

1472367226147.jpg

途中から雨が降ってきてビショ濡れ立ちっぱなしで吉岡さんの歌声を聴きましたよ。
いや〜よかった!この県央地区から生まれたグループですから最高に盛り上がりました。
1曲目に「ありがとう」2曲目に「風が吹いている」(リオじゃなくて4年前のロンドン
オリンピックNHKの主題歌)と聴きたい曲がいきなり、ド頭にきて、もう目はうるうるわーい(嬉しい顔)



9月に入ると体調はもとにもどり、少し痩せました。だから体調がいい。
そんなことで、写真のHDもうまくつながるようになり、また更新してゆきたいと
思います。えっ?カレーと映画は?−そうですねカレーは、びっくりするほど美味しいもの
には、最近出会ってませんね〜。
映画はひとつだけ、ご紹介しておきましよう。「シング・ストリート未来へのうた」

1470383294055.jpg

80年代のお話で自分のバンドの自作PVを作ろうと奮闘するボーイズが微笑ましい。
この監督の前作「はじまりのうた」より確実に面白い。



そんな訳で更新再開しました。あと約3か月頑張りましょう。



posted by 初級教室 at 15:45| Comment(0) | 日記