2017年04月05日

もう桜の頃か

やっと冬眠から目覚めた気分です。

本当に冬はあきません。苦手でやんす。がく〜(落胆した顔)

桜が綺麗に咲き誇る季節となりました。
これを機に活動を活発させてゆきます!ぴかぴか(新しい)


遅くなりましたが、「オイラの勝手に2016年日本映画ベスト10」発表!
次回は洋画です。

邦画 2016年ベスト10 

1この世界の片隅に(アニメ)

2永い言い訳

3ちはやふる前・後編

4怒り

5海よりもまだ深く

6何者

7聖の青春

8湯を沸かすほどの熱い愛

9葛城事件

10アイアムアヒーロー


11 僕だけがいない街 君の名は。(アニメ) SCOOP! 
   64ロクヨン前・後編
12 シン・ゴジラ リップヴァンウィンクルの花嫁 聲の形(アニメ)
13 ディストラクションベイビーズ クリ―ピー偽りの隣人 セトウツミ 
14 少女 TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ  海賊と呼ばれた男 
15 秘密THE TOP SECRET あやしい彼女 ミュージアム 
16 淵に立つ ふきげんな過去 ピンクとグレー
19 太陽 ヒメアノ〜ル デスノートLight up the NEW world

色々な媒体の2016年 日本映画ベスト10と比べましょう。

他のベスト10では評価の高い「君の名は。」「シンゴジラ」
「淵に立つ」「ディストラクションベイビーズ」が私のベスト
10に入らなかった訳を書きましょう。


この中の3つは、過去の作品の再構成度(ヒットまたは高評価
を得られることを知っていて企画製作した)が高すぎると感じた
モノでした。そうゆう要素を悟られないぐらいの工夫が欲しかった。
海外で評価されようが、そうゆう所または自己模倣を「野暮」と
感じてしまうのは、同じようなことを私自身もやってしまったこ
とがあるからなんですね。


物心ついたころ第1作「ゴジラ」は見たことがなく敵怪獣と戦う
のが「ゴジラ」であって、暴れないゴジラでは満足できない。
前作ハリウッド版「ゴジラ」のほうが私には、お好みなんです。
第1作の現代に警鐘を鳴らすゴジラは素晴らしいと思いましたが
「ゴジラ」を社会派映画にしてしまったのは残念。


「デストラクションベイビーズ」は、いくら殴られても青たん
ひとつできない、主人公の顔にドン引き。何というか演出部出身
の私は、俳優に間違った衣装を着せてしまったような思いが、
ズーとあって、心配しながら見るはめになってしまった。
ポスターやパッケージはボクサーのように片目がふさがった
傷だらけになっているが、本編では、つるつるの顔。
「そんな所で評価するな」の声はあるだろう「見逃してやれ」と。
しかし、私はダメだった。シーンが積み重なれば暴力が盛り上が
るのだろうがやはり「作り物」の感覚が最後までつきまとった。
現場で重々話し合った選択だと思う。良い評価だったから結果は
いいのだろうが、私にはサイボーグだったという、SF落ちが来
るのかと一瞬本気に思ってしまった。ふらふら

あと、評価の高い「オーバーフェンス」「団地」「俳優 亀岡拓次」
「だれかの木琴」「溺れるナイフ」を見逃してしまった。
なるべく大スクリーンで見ることを心がけているので、機会をの
がしてしまった。申し訳ありません。DVDで見てみます。

ただの映画ファンよりのベスト10だと思います。
皆さんはどうですか?次回は洋画。







posted by 初級教室 at 02:42| Comment(0) | 映画