2014年09月22日

アーダコーダと!


最近、私がハマっているテレビドラマとJロックをご紹介しょう!


あれは、今年の7月、芸術大学時代の友人(女子、今は奥様)
からメールが来た。

「おーちゃん、私らの映像計画学科がドラマになるよ〜」
ええ〜どうゆうことだ?

それは、毎週、金曜深夜0時12分放送のドラマ24
「アオイホノオ」(テレビ東京)のことだった。

http://www.tv-tokyo.co.jp/aoihonoo/

このドラマ、原作はマンガ。大阪芸術大学が舞台で漫画家を目指す
主人公と周りの大学生を描くもの。
それが、私が在学していたドンぴしゃ!1981年〜1982年の
話なのである。しかも、このマンガの原作者が同じ学科の同じ
バトミントン部に所属していた1年後輩。(憶えてました)
フィクションであるけど、原作者の自伝的なものに位置するのです。



1話を見たとたんハマってしまいました。実際のキャンパスは実景程度
にしか撮影されていないと思いますが、チラリと映るだけでタイムスリップ
してしまいます。特にあのダサい大阪芸術大学と縦に書かれた体育着!
きちっと再現されてて、驚きです。がく〜(落胆した顔)



シリーズの監督が深夜ドラマ「勇者ヨシヒコ」、映画「俺はまだ本気だしてないだけ」
の福田雄一監督。福田監督らしいギャグコメディードラマです。
キャストもいい!主人公のモユルの柳楽優弥。カンヌ国際映画祭で最年少の主演男優賞
(是枝監督「誰も知らない」)から低迷してたのが、真逆の大げさな演技での大復活
がいい! 


それからモユル憧れのトンコ先輩の山本美月が、おっとりした浪花女子っぷり!
これがええのよ(関西弁)!もちろん、モユルの同級生ヒロミの黒島結菜もいい!
と、いうのも、トンコもヒロミもバトミントン部で実在の誰をモデルにしたのか、
私にはだいたい分かるからなんです〜! グッド(上向き矢印)



その当時、女の子の流行のヘヤースタイルは、私流に分類すれば、普通のミーハーな子
は聖子ちゃんカット、少し派手な子は、茶髪の陸(オカ)サーファースタイル(「チャー
リーズ・エンジェル」のファラ・セット・メジャース(米 女優)のスタイル)
変わり者は角川映画「セーラー服と機関銃」の薬師丸ひろ子の超短髪ショートヘヤー。


古い時代で、いっぱい解説しないといけないな、こりゃ。陸(オカ)サーファとは、実際
には海や波などでサァーファーしないのに、サァーファーのような髪の色とスタイルを
している軟派な人たち。わーい(嬉しい顔)


今の女の子である山本美月と黒島結菜がそれをしても、あの頃の女の子になるもの
だと感心。二人のファンになってしまいそうだ。山本美月のヘヤースタイルが少々
気になったが10話のメーテル(「銀河鉄道999」)に変身したことで合点がいった。


こんなに楽しみにしている「アオイホノオ」だが、9月26日金曜の回で最終回らしい。
チト寂しい。とぼけたギャグから、ばかばかしいギャグの連発だが、乗っかれば楽しめます。
リアリズムばかりじゃなく、たまには熱いほどのギャクコメディーもいいよ。見てね!


ハマった理由は、これだけじゃなく、オープニングとエンディングの曲がぴったりと
ドラマに合う。

特に、オープニング曲の「あーだこーだどーだ!」(ウルフルズ)が最高である。
映像も素晴らしく、その当時、漫画やアニメ派ではない演劇、実写映画派だった私でも
その名を知っていた、金田作画監督の動きをフィーチャーしたオープニング映像がまた最高!


久しぶりに、カラオケで歌いたい!と思わせた曲です。やっぱウルフルズです!
歌詞で元気が出ます。少し凹んだ時はこれを聞いて、自分を奮い立たせようと思います。
ユーチューブにこのオープニングがころがっていたので、見て聞いてくださいな。











posted by 初級教室 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像作品

2014年08月01日

0号試写


暑中お見舞い申し上げます。晴れ

いや〜暑くなってきましたね〜夏は大好きなんです。
すっかり創作太りしてしまった私ですが、汗をかいて痩せようとしてます。


二年前の夏、2012年我々初級教室メンバーは長編映画の撮影で必死だったんです。たらーっ(汗)


その作品の完成が近づき、完成前の0号試写をやりました。
0号試写は、あまりキャストには見せないのですが、メンバーがスタッフ同然
なので、見てもらいました。懐かしいキャストや元メンバーが集まりとにかく
うれしかった。撮影時の話で盛り上がり楽しかったです。わーい(嬉しい顔)

P1010583.JPG

DSC_0666.jpg

P1010587.JPG

P1010588.JPG

まだ完成前なので、もらったアドバイスを生かして、いい作品に仕上げますぞ!!手(チョキ)
あっ7月中に書くつもりが、8月になってしました。8月は3本書こう。



posted by 初級教室 at 00:17| Comment(0) | 映像作品

2014年04月18日

映画の通し稽古だな


葉桜がまだチラホラ見れる。いいですね〜ああ、葉桜か〜ではなく、葉桜でもいいさっと。

この余裕はなんだ。そう、映画新作の編集がラストまで、ほぼ終わり、その全貌が見えて
きたからなんですな。

それだけではなく、数回プレビューして「これはお客さまに見せられる!」と感じたからなんですよ。
舞台で通し稽古が始まったあたりで、ほっとする感覚に似てますな。

まあ、これは本人に腑に落ちただけで、本当にお客さんに受け入れてもらえるかは、分かりません。
しかし、もうベテランの私ですが。その感覚は衰えてません、分かるんです。


そう、分かるんです。根拠がないのにそう感じる。あの感覚です。ひらめき


予想するお客さまの受け入れ度は、前作「ジュリエットとロミオが12人」を完全に超えている
と思います。

ここまで来るには、イライラが大変なものでした。2月、3月あたりは、とばっちりを受けた方
(生徒など)ごめんなさい〜わーい(嬉しい顔)

あの2012年夏、メンバーらと懸命に撮影していた作品の全貌が現れたんです。ぴかぴか(新しい)

2012年11月にモノ・プロセスという奇妙な群像劇を演劇公演しましたが、その年の夏に撮影していたのがこの映画「ペーパーワールド」。
これも「奇妙な」が付くのですが、青春映画?群像劇?恋愛ムービー?失恋映画?どれも当てはまります。


P1010560.JPG


この写真はこの映画の原作のマンガと思うでしょう〜しかし、よ〜く見るとセリフの文字がまだ
鉛筆で書かれ、ペン入れされてないページもある。

はて?これは? そうこれは、映画の中に小道具として出てくるマンガの生原稿。
このマンガが映画の中でどうか使われるかは、お楽しみ。


これから、ポストプロダクションの後半。CG制作、効果音や音楽制作に移っていきます。

今現在は、そう演劇の通し稽古のように、全編を何回も見て、細かい調整(場当たり)をしています。
1時間20分〜25分のフィーチャー(長編)作品で完成予定。


早く皆さんに見てもらいたい気持ちでいっぱいです。揺れるハート


夏の試写までしっかりと最後まで作品に向き合いたいと思います!




posted by 初級教室 at 21:05| Comment(0) | 映像作品