2014年06月25日

現代詩の長女


忙しくても、どうしても、この「茨木のり子」展には行きたかった。


私もまだ若いオイラのころ(80年代)、マガジンハウスから出ていた「鳩よ」
を読んでいたんです。


「鳩よ」は詩の月刊誌だったかな?季刊誌だったかな。


芸術仲間の影響で、吉祥寺・三鷹に住みつき、古くは中原中也、現代では谷川俊太郎、
茨木のり子の詩を読みました。
私が住んでいた近くには、太宰治が入水自殺して死体があがった玉川上水もありました。
明星学園の近くです。


深く分からないのに、気取って 詩、ポエム、ソネットを読んで芸術談義したかった
んですね。わーい(嬉しい顔)


しかし、今でも私のトイレには、シェィクスピアのソネットとジャン・コクトーの
詩集が置いてありますよ。手(チョキ)

DSC_0649.jpg


「現代詩の長女」


と、言われる茨木のり子さんは、私のお袋とほぼ同じ時期に生まれ
戦中を生き抜き、昭和、平成を駆け抜け、活躍した詩人です。


茨木さんは、お袋の姉で三鷹に住む私の叔母に似ているので、親近感を持っていました。
お袋は自分の青春を語るような人ではなかったので、この同時代に生きた茨木のり子さん
の詩は、潜在的にその時代にお袋たちが感じていたことを語っているのではないかと
思ったわけです。


会場で「私が一番きれいだったとき」「倚りかからず」を読んでいると涙腺が緩み
どうしょうもなくなりました。また、励まされました。


まだ私の喪は明けてませんね。


会場の世田谷文学館は「坂口安吾展」以来、ずいぶん来ていませんでした。
最寄りの京王線芦花公園駅も変わってしまいました。


駅までの帰り道、吉祥寺時代を思い出していると、一匹の白い蝶々が私の前に現れ
7秒ほど、私の右肩あたりを並行して飛んでいました。


「よくいらしてくれました」とでも言いたげに、飛んで去って行きました。
リフレッシュできた日でした。


次こそカレーレポートかな。



posted by 初級教室 at 02:14| Comment(0) | 芸術鑑賞